ボルボ S60 新型、米国から欧州へ初めて輸出…世界93か国に順次出荷へ

チャールストン・リッジヴィル工場
  • チャールストン・リッジヴィル工場
  • チャールストン・リッジヴィル工場
  • ボルボS60新型
  • ボルボS60新型
  • ボルボS60新型
  • ボルボS60新型
  • ボルボS60新型
  • ボルボS60新型

ボルボカーズは2月20日、米国サウスカロライナ州リッジビル新工場から、新型ボルボ『S60』(Volvo S60)の欧州向け輸出を、初めて開始すると発表した。

米国サウスカロライナ州リッジビルの新工場は、ボルボカーズにとって、初の米国工場だ。工場の建設におよそ11億ドルを投資し、およそ4000名の新規雇用も創出する。

新工場は、2018年秋に操業を開始した。稼働当初は新型S60を生産し、生産能力は年間15万台。2021年からは、次世代の『XC90』の生産を行う予定だ。

ボルボカーズは米国サウスカロライナ州リッジビル工場から新型ボルボS60の欧州向け輸出を開始する。サウスカロライナ港から、スウェーデン、ノルウェー、デンマーク、フィンランド、オランダ、ベルギー、アイルランド、英国、イタリア、スペイン、ドイツ、スイス、オーストリア、ルーマニア、ブルガリア、ハンガリー、チェコ、スロベニア、ポーランドに各国に輸出する。

ボルボカーズは、新型ボルボS60をトルコ、オーストラリア、ニュージーランド、中東、アフリカ、アジア太平洋地域(中国を除く)を含めた世界93か国にも、米国工場から順次出荷する予定、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 中国政府、米国車に対する25%の追加関税を一時停止…2019年1月から3か月間 画像 中国政府、米国車に対する25%の追加関税を一時停止…2019年1月から3か月間
  • 米マツダ、トランプ政権の追加関税に反対の意見書…「関税はすべての新車のコストを大幅に引き上げる」 画像 米マツダ、トランプ政権の追加関税に反対の意見書…「関税はすべての新車のコストを大幅に引き上げる」
  • トランプ大統領、中国と輸入車の関税引き下げや撤廃で合意…Twitterで発表 画像 トランプ大統領、中国と輸入車の関税引き下げや撤廃で合意…Twitterで発表
  • ホンダ 八郷社長「欧州市場からの撤退は考えていない」…グローバルでの生産配置の適正化へ 画像 ホンダ 八郷社長「欧州市場からの撤退は考えていない」…グローバルでの生産配置の適正化へ

特集