西武鉄道、「銀河鉄道999デザイン電車」復活で記念切符 11月12日発売

鉄道 エンタメ・イベント

「銀河鉄道999デザイン電車」の復活記念切符。台紙は「メーテル」が描かれた「デザイン電車」先頭部のイラストで飾られている。
  • 「銀河鉄道999デザイン電車」の復活記念切符。台紙は「メーテル」が描かれた「デザイン電車」先頭部のイラストで飾られている。
  • 記念切符の片道乗車券の4枚セットになる。
  • 記念切符は「通常版」と「大泉学園版」(画像)の2種類。台紙のデザインは「通常版」と異なり、「車掌」をデザインした先頭部のイラストが描かれている。
  • 「大泉学園版」も4枚セットだが、全て大泉学園からの片道乗車券になる。
  • 11月5日に開催されるイベントでの先行販売では、特典として「デザイン電車」のペーパークラフトが付く。
西武鉄道は11月12日、「『銀河鉄道999デザイン電車』復活記念乗車券」を発売する。11月5日に開催される車両基地公開イベントでも先行発売を行う。

発表によると、発売されるのは「通常版」と「大泉学園版」の2種類。券面や台紙は、東京都練馬区大泉学園町に住む「銀河鉄道999」の作者・松本零士さんの直筆でデザインした。

「通常版」は、池袋・練馬・所沢・大泉学園の各駅から180~370円区間までの片道乗車券(D型硬券)4枚をセットにしたもの。台紙には「銀河鉄道999」の主要キャラクター「メーテル」がデザインされた「デザイン電車」先頭部のイラストが入っている。

「大泉学園版」は4枚全てが大泉学園駅から180~370円区間の切符。台紙は「通常版」と同じ「デザイン電車」先頭部のイラストが入っているが、こちらは「車掌」がデザインされている。

発売額は各1セット1000円で、各3000セットの限定販売。池袋・練馬・大泉学園・所沢各駅で11月12日の5時から2017年1月31日の終列車まで発売される予定だが、売切れ次第販売を終了する。

また、11月5日に西武秩父線の横瀬車両基地で開催されるイベント「西武トレインフェスティバル2016 in 横瀬」の会場でも、10時から14時30分まで先行販売が行われる予定だ。こちらは「通常版」「大泉学園版」の2セットを1組にして2000円で発売。「デザイン電車」のペーパークラフトがプレゼントされる。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集