タイ・ベトジェットエア、3機目のA320を受領

航空 企業動向
タイ・ベトジェットエア、3機目のA320を受領
  • タイ・ベトジェットエア、3機目のA320を受領

タイの格安航空会社(LCC)、タイ・ベトジェットエアは9月13日、3機目のエアバスA320型機を受領した。

タイ・ベトジェットがバンコク・スワンナプーム国際空港で受領したA320型機は、大型のウイングチップであるシャークレットを装備。航空機にシャークレットを取り付けることで、航空会社は運航コストの節約、それに伴う航空運賃の値下げが可能になる。

保有機材がA320型機3機に増えたタイ・ベトジェットは15日から順次、タイ国内線3路線(バンコク=プーケット、プーケット=チェンライ、バンコク=チェンマイ線)を新規開設する。国際線は既に2路線(バンコク=ホーチミンシティ、ハノイ線)に就航しているが、国内線の開設は初めて。

《日下部みずき》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース