ドラゴン補給船、7月18日に打ち上げ…ロケット1段目は洋上プラットフォームに着陸へ

宇宙 テクノロジー
ドラゴン補給船運用9号機のカプセル(与圧部)
  • ドラゴン補給船運用9号機のカプセル(与圧部)
  • 打上げに向けた準備が進められるプログレス補給船
  • 打上げに向けた準備が進められるプログレス補給船
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、日本時間7月18日午後1時45分にSpaceXのドラゴン補給船運用9号機が打ち上げられると発表した。

SpX-9フライトは、SpaceXのドラゴン補給船運用9号機を打ち上げて、国際宇宙ステーション(ISS)の「ハーモニー」(第2結合部)地球側ポートに結合、ISSに補給物資を運搬するミッション。米国フロリダ州ケープカナベラル空軍基地から日本時間7月18日午後1時45分に打ち上げられる予定。

今回は、打ち上げから約2日後にISSへドッキングする予定。

SpX-9フライトでは、約2573kgの物資がISSに運搬される。このうち、トランク(曝露部)には国際ドッキング機構(IDA-2)を搭載する。IDAは近い将来、民間企業によるクルー輸送機がISSにドッキングする際に使用される。

ドラゴン補給船、ファルコン9ロケットを開発・製造しているSpaceXは、再利用できるロケットの開発を目指し、打ち上げ後にファルコン9ロケットの1段目を洋上プラットフォームに着陸させる試験を実施する。試験はSpX-5、SpX-6、SpX-8ミッションでも実施された。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集