昭文社、日本の世界遺産18件を紹介する地図ガイドブックを発売

エンターテインメント 出版物・電子書籍

昭文社・日本の世界遺産めぐり
  • 昭文社・日本の世界遺産めぐり
  • 昭文社・日本の世界遺産めぐり
  • 富岡製糸場
  • 富岡製糸場
  • 屋久島の植生図
  • 屋久島の標高図
  • 姫路城の詳細図
  • 登録候補のページ例
昭文社は、日本の世界遺産18件などを紹介する、地図ガイドブック「日本の世界遺産めぐり」を2月20日より発売する。

「日本の世界遺産めぐり」では、世界遺産の魅力がわかる写真や解説とともに、世界遺産と併せて訪れたい周辺の見どころや観光スポットも紹介。また、その土地ならではのグルメやお土産も掲載するなど、世界遺産をめぐる旅をより充実させる情報が詰まっている。

地図ページは、地理的な特長がわかりやすいようさまざまな地図表現を使用している。自然遺産の場合は指定されているエリアの表示に加えて、そのエリアの植生図や地形がわかる標高図も掲載。寺社や建造物群が対象になる文化遺産では、境内・敷地内の国宝や重要文化財を、地図上にアイコンで示している。

さらに、2015年と2016年にかけて、世界遺産登録が期待される「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」「国立西洋美術館本館」「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」も収録する。

A4判、80ページ。価格は1080円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集