【パリモーターショー14】 GM と キャデラック 社長、競合プレミアムブランドを視察

自動車 ビジネス 企業動向

BMWブースを視察するキャデラックのヨハン・ダ・ネイシン社長とGMのダン・アンマン社長(パリモーターショー14)
  • BMWブースを視察するキャデラックのヨハン・ダ・ネイシン社長とGMのダン・アンマン社長(パリモーターショー14)
  • BMW・2シリーズ カブリオレ(パリモーターショー14)
  • 新型メルセデスベンツSクラスのプラグインハイブリッド車、S500プラグインハイブリッドとダイムラーのディーター・ツェッチェ会長(パリモーターショー14)
  • メルセデスベンツ Bクラス・エレクトリックドライブ改良新型(パリモーターショー14)
10月2日、フランスで開幕したパリモーターショー14。米国の自動車大手のGMと、その高級車ブランド、キャデラックの両社長が、競合他社のブースを視察した。

この両社長は、GMのダン・アンマン社長と、キャデラックのヨハン・ダ・ネイシン社長。とくに、ネイシン社長は競合ブランドのインフィニティからヘッドハントされ、8月にキャデラックの社長に就任したばかり。

キャデラックは、欧州市場での取り組みを強化中。現地では、BMW、メルセデスベンツ、アウディのドイツ3ブランドをはじめ、レクサスやインフィニティとも競合する。

就任したばかりの両社長は、パリモーターショー14において、プレミアムカーの競合他社のブースを視察。とくに、BMWのブースでは、展示車両のドアを開け、インテリアを入念に確認した。

キャデラックは2015年後半、新たな最上級車として『CT6』を発売する計画。この他、GMから独立した事業体となり、本社をニューヨークに移転するなど、ブランドの再構築を進めている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集