キャデラックに関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
キャデラック STS キャデラック CTS GM
キャデラック『CT4-V』に「ブラックウィング」、史上最高のダウンフォース…今夏米国発売 画像
自動車 ニューモデル

キャデラック『CT4-V』に「ブラックウィング」、史上最高のダウンフォース…今夏米国発売

◆大型ウィングを使用せずにダウンフォースを獲得 ◆低圧ゾーンを生み出す「フロントアンダーウィング」 ◆472hpの3.6リットルV6ツインターボ+6速MT ◆0-96km/h加速3.8秒で最高速304km/h

【キャデラック CT5 新型試乗】この走り、この装備、このクォリティーでこの値段?…中村孝仁 画像
試乗記

【キャデラック CT5 新型試乗】この走り、この装備、このクォリティーでこの値段?…中村孝仁

キャデラック『CT5』に乗ってとあるメーカーの試乗会に赴いた。そこでのやり取り。「これ、なんていうクルマ?」正直言って「!?」であった。前述の言葉を発したのは何と同業者だったからである。

【キャデラック XT4 新型試乗】史上最も「若々しい」キャデラックだ…中村孝仁 画像
試乗記

【キャデラック XT4 新型試乗】史上最も「若々しい」キャデラックだ…中村孝仁

キャデラックが誕生したのは1902年と古く、当然のことながら私は生まれていない。だから「史上最も若々しいイメージのキャデラック」というのは真実ではないかもしれない。

【キャデラック XT6 新型試乗】「王道の走り」はもっと評価されて良い…中村孝仁 画像
試乗記

【キャデラック XT6 新型試乗】「王道の走り」はもっと評価されて良い…中村孝仁

果たして日本市場におけるキャデラックの訴求力がどの程度あるのかは定かではない。しかし、どうもその良さが上手くアピールされているとは思えない節がある。

キャデラック初のEV『リリック』、航続は483km以上…米国発表 画像
エコカー

キャデラック初のEV『リリック』、航続は483km以上…米国発表

◆新世代の電動車向けアーキテクチャ「アルティウム」 ◆縦長LEDヘッドライトや33インチの大型LEDスクリーン ◆高速道路でハンズフリー走行を可能にする「スーパー・クルーズ」

【キャデラック CT5 新型試乗】10速ATが“うま味”引き出す、想像以上の軽快さ…九島辰也 画像
試乗記

【キャデラック CT5 新型試乗】10速ATが“うま味”引き出す、想像以上の軽快さ…九島辰也

キャデラックに新しいセダンが追加された。すでにラインナップされている『CT6』の弟分に当たる『CT5』である。特徴はスタイリッシュなフォルムで、ルーフラインは流れるようにリアエンドまで伸びている。言うなれば4ドアクーペ的。

【キャデラック XT4 新型試乗】競合ひしめく中でキャラの確立はできるか…九島辰也 画像
試乗記

【キャデラック XT4 新型試乗】競合ひしめく中でキャラの確立はできるか…九島辰也

キャデラックSUVの末っ子『XT4』がようやく日本上陸した。アメリカでは随分前からラインアップに加わっていたので、「ようやく」という気がする。もちろん、この間コロナウィルスの影響があったのは確か。北米のGM工場は一時生産ラインを止めていたようだ。

栄光ふたたび?最新のキャデラックは何が違うのか…『XT4』&『CT5』に“キャデ愛”あふれる岡本幸一郎が試乗 画像
試乗記

栄光ふたたび?最新のキャデラックは何が違うのか…『XT4』&『CT5』に“キャデ愛”あふれる岡本幸一郎が試乗

キャデラックの注目すべきニューモデルが同時に日本上陸をはたした。エントリーSUV『XT4』とミドルセダン『CT5』、2台の最新キャデラックに岡本幸一郎が試乗。

キャデラック初のEV、『リリック』出展へ…上海モーターショー2021 画像
エコカー

キャデラック初のEV、『リリック』出展へ…上海モーターショー2021

◆GMの第3世代のEVプラットフォーム ◆新開発の「アルティウム」バッテリー ◆キャデラックの最新デザイン言語 ◆33インチの大型LEDディスプレイ

キャデラックの新たな頂点「ブラックウィング」、合計43万ドルで落札…2車種の第一号車 画像
モータースポーツ/エンタメ

キャデラックの新たな頂点「ブラックウィング」、合計43万ドルで落札…2車種の第一号車

◆472馬力のV6ツインターボと668馬力のV8スーパーチャージャー ◆レブマッチング機能付きの6速MTが標準 ◆0-96km/h加速は3.7-3.8秒で最高速は304-322km/h

キャデラック エスカレード 新型をハンズフリー走行、米セレブが体験[動画] 画像
自動車 テクノロジー

キャデラック エスカレード 新型をハンズフリー走行、米セレブが体験[動画]

◆北米の32万kmにおよぶ自動車専用高速道路でハンズフリー走行を可能に ◆自動レーンチェンジも可能な北米向け新型エスカレード ◆4組のセレブが最新スーパー・クルーズを体験

キャデラック エスカレード 新型、NTNのドライブシャフトを採用 画像
自動車 テクノロジー

キャデラック エスカレード 新型、NTNのドライブシャフトを採用

NTNは3月11日、同社のリヤ用ドライブシャフト(CVJ)が、キャデラックのフルサイズSUV、新型『エスカレード』に採用されたと発表した。

キャデラック最強「ブラックウィング」、量産第一号車をオークションに 3月米国開催 画像
モータースポーツ/エンタメ

キャデラック最強「ブラックウィング」、量産第一号車をオークションに 3月米国開催

◆3.6リットルV6ツインターボと6.2リットルV8スーパーチャージャー ◆クラスでは珍しい6速MTが標準で10速ATはオプション ◆0-96km/h加速は3.7-3.8秒で最高速は304-322km/h

キャデラック、映画『シザーハンズ』をリメイク…初のEV『リリック』のために[動画] 画像
モータースポーツ/エンタメ

キャデラック、映画『シザーハンズ』をリメイク…初のEV『リリック』のために[動画]

◆GMの新しいEVプラットフォーム ◆GMが新開発した「アルティウム」バッテリー ◆ハンズフリーの部分自動運転が可能な「スーパークルーズ」の最新版 ◆オリジナル作品に出演のウィノナ・ライダーが今回演じるのは…

キャデラック CT5 に頂点、「Vブラックウィング」…668馬力スーパーチャージャー搭載 画像
自動車 ニューモデル

キャデラック CT5 に頂点、「Vブラックウィング」…668馬力スーパーチャージャー搭載

◆6.2リットルV8スーパーチャージャーは最大トルク91.1kgm ◆10速ATはサーキット走行を視野に入れて開発 ◆最新の磁性体ダンパー「マグネティックライドコントロール」

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 1 of 64