トヨタ新エンジン、ユニットセンターでスピード開発

自動車 ビジネス 企業動向
トヨタが開発する新エンジンシリーズ、1リットルガソリンエンジン
  • トヨタが開発する新エンジンシリーズ、1リットルガソリンエンジン
  • トヨタが開発する新エンジンシリーズ、1.3リットルガソリンエンジン
  • トヨタ ユニット統括部 足立昌司主査
トヨタ自動車は4月10日、燃費性能を10%以上向上させる新エンジンシリーズの開発を発表した。新エンジンは、昨年4月に発足させたユニット部門の新体制で開発をスピードアップさせていく方針だ。

トヨタは同日、まず1リットルと1.3リットルのガソリンエンジンの技術改良を発表した。今後は2015年末までにグローバルで一気に14機種の新エンジンシリーズを投入する。

開発はエンジンや変速機などのユニットを集中して担う「ユニットセンター」で推進している。センターの陣容は現在、豊田市の本社地区だけで約500人。商品企画や技術開発、生産技術、工場が一体になった組織とした。ユニット統括部の足立昌司主査は、「新技術の量産化なども効率よくできている」とし、今後約2年で14機種のエンジンを投入するうえで「大きなメリットになる」と指摘した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

  • トヨタ、15年末までに3割を低燃費の新エンジンに 画像 トヨタ、15年末までに3割を低燃費の新エンジンに
  • トヨタ、高熱効率・低燃費エンジン群を開発…全世界で14機種を順次導入 画像 トヨタ、高熱効率・低燃費エンジン群を開発…全世界で14機種を順次導入
  • トヨタ、86 を一部改良…サスペンションの見直しなど 画像 トヨタ、86 を一部改良…サスペンションの見直しなど
  • 新車登録台数、首位トヨタは10.5%増の20.9万台…3月ブランド別 画像 新車登録台数、首位トヨタは10.5%増の20.9万台…3月ブランド別

特集