2014年最初に発見された小惑星が地球の大気圏に突入した可能性大

宇宙 科学
2014年最初に発見された小惑星が地球の大気圏に突入した可能性大
  • 2014年最初に発見された小惑星が地球の大気圏に突入した可能性大
  • 2014年最初に発見された小惑星が地球の大気圏に突入した可能性大
  • 2014年最初に発見された小惑星が地球の大気圏に突入した可能性大
  • 2014年最初に発見された小惑星が地球の大気圏に突入した可能性大
2014年1月1日、今年最初に発見された小惑星『2014 AA』は発見から20時間ほど後に地球を直撃した公算が大きい。NASA ジェット推進研究所 地球近傍天体プログラムオフィスの発表では、小惑星は直径2~3メートル程度で小型と見られており、地上での被害は報告されていない。

小惑星2014 AAは、NEO(地球近傍天体)の全天観測を行う「カタリナ・スカイサーベイ」に参加する米アリゾナ州のレモン山天文台が1月1日に発見した。カタリナ・スカイサーベイでは世界標準時1月1日6時18分から6時46分(日本時間1月1日15時18分から15時46分)までの間に捉えた小惑星2014AAの画像を公開している。

小惑星2014AAの正確な軌道は完全にわかってはいないものの、地球を直撃したと考えられる。落下予想地域は中央アメリカから大西洋、東アフリカまでの広い地域にわたっており、日本時間1月2日の午前11時ごろ、アフリカ西岸の上空に突入したと見られている。小惑星の直径は2~3メートルと小さく、大気圏で燃え尽きたもよう。

小惑星が地球を直撃する前に発見されて例として、2008年10月、発見から19時間後にスーダン北部上空に飛来した「2008 TC3」の例がある。こちらも数メートルほどの小さなもので、上空で燃え尽きて地上への被害には至らなかった。
《秋山 文野》

編集部おすすめのニュース

  • NASA、小惑星捕獲構想を考える公開ワークショップを開催…9月30日~10月2日 画像 NASA、小惑星捕獲構想を考える公開ワークショップを開催…9月30日~10月2日
  • NASA、小惑星の脅威に関する講演会と展示を行う…9月21日・22日、ニューヨーク科学ホール 画像 NASA、小惑星の脅威に関する講演会と展示を行う…9月21日・22日、ニューヨーク科学ホール
  • NASA オリオン宇宙船での小惑星有人サンプルリターンミッション概要を公開[動画] 画像 NASA オリオン宇宙船での小惑星有人サンプルリターンミッション概要を公開[動画]
  • 【宇宙資源展】まもなく開幕…小惑星採掘は資源問題を解決するか、東大の宮本准教授に聞く 画像 【宇宙資源展】まもなく開幕…小惑星採掘は資源問題を解決するか、東大の宮本准教授に聞く

特集

おすすめのニュース