ショーワ、業績見通しの当期利益を下方修正…リコール対策費用で特損

自動車 ビジネス 企業動向

ショーワは、2014年3月期通期業績見通しの修正を発表した。

自動車部品の売上げが予想以上に推移していることや売上げ構成の変化などから売上高は前回予想より10億円増の2750億円となる見通し。

収益では増収や為替差益の効果で営業利益は前回予想より10億円増の200億円、経常利益が10億円増の210億円となる見通し。

当期純利益は80億円を予想していたが78億円に下方修正した。これは、想定していた名古屋工場閉鎖に伴う特別早期退職支援制度費用の見込みを、今中間期に見直す。加えて、中国合弁工場が製造した部品で不具合が発生、納入先が対象車両の点検、不具合製品の無償交換(リコール)を行っており、これによる負担見込み額約27億円を特別損失に計上するため。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集