JAXA航空シンポジウム…9月13日東京、10月12日名古屋

自動車 ニューモデル 新型車

航空プログラムシンポジウム2012のプログラム
  • 航空プログラムシンポジウム2012のプログラム
  • JAXA航空シンポジウム in NAGOYAのプログラム
 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、9月13日に「航空プログラムシンポジウム2012」を開催する。「新たな空へ 、夢をかたちに」という副題をつけて、これらの検討結果を報告し、JAXA航空の事業方針と今後の研究開発について紹介する。

 JAXA航空では、政府の方針である「環境」と「安全」に係る研究開発への重点化の観点から「出口指向の研究開発プロジェクト」「戦略的な基礎・基盤研究」「人材育成」の3つの考え方をキーワードに、活動計画の議論を進めてきたという。

 今回のシンポジウムでは、東京大学大学院の鈴木真二教授による特別講義「YS-11初飛行から50年の今、日本の航空は何を目指すか」と、JALエンジニアリングの水間洋一氏による特別講義「エアラインによる整備活動を通じた、産官学協働への取り組みと期待」の2つの特別講義のほか、8つのプログラムが開催される。聴講は自由で無料となっている。

 また、10月12日には中部国際空港で「JAXA航空シンポジウム in NAGOYA」が開催される。

◆航空プログラムシンポジウム2012
日時:2012年9月13日(木)10:00~17:15
会場:日本科学未来館7階 みらいCANホール
参加費:無料
申込方法:当日会場にて受付

◆JAXA航空シンポジウム in NAGOYA
日時:2012年10月12日(金)13:30~18:00(開場12:30)、交流会は、18:20~20:00
会場:中部国際空港 セントレアホール
定員:250名
締切:定員になり次第締切り。
参加費:無料(交流会は2,000円)
申込方法:Web申込フォームによる事前登録制

JAXA航空シンポジウム 9月13日東京、10月12日名古屋

《工藤 めぐみ@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

特集