レノボ、最薄部9mmで高速起動も可能な13.3型ノートPC

自動車 ニューモデル 新型車
「IdeaPad S300」
  • 「IdeaPad S300」
  • 正面
  • 最薄部9mmの薄型設計
  • 天板部分
 レノボ・ジャパンは4日、最薄部9mmのSSD設計で、キャッシュメモリーとしてSSDを搭載する13.3型ノートPC「IdeaPad S300」を発表した。販売開始は8日。予想実売価格は60,000円台。

 同製品は、解像度1,366×768ピクセルの13.3型液晶ディスプレイを搭載するノートPC。CPUはCore i5-3317U(1.7GHz)を搭載、メモリは4GB。ストレージに500GBのHDDを装備するほか、キャッシュメモリーとして24GBのSSDを搭載、高速起動を可能としている。

 そのほかの特徴として、キーボードは人間工学に基づいた「AccuTypeキーボード」を搭載。薄型ながら、HDMI/USB3.0/USB×2/マイク/ヘッドホン/2in1カードリーダー/LANなど、インターフェースも充実している。また、720pのWebカメラを内蔵する。

 OSはWindows 7 Home Premium SP1(64ビット版)。ワイヤレスは802.11b/g/nとBluetooth 4.0。連続使用時間は約5時間。本体サイズは、幅330×高さ9~22×奥行き230mm、重さは約1.8kg(バッテリを含む)。

レノボ、最薄部9mmで高速起動も可能な13.3型ノートPC……実売6万円台。

《丸山 朋之@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース