日本アジアグループ、香川県の塩田跡地にメガソーラー発電所を建設

自動車 ビジネス 企業動向
日本アジアグループが開発した館林ソーラパーク
  • 日本アジアグループが開発した館林ソーラパーク
  • 日本アジアグループが開発した宮崎ソーラーウェイプロジェクト
日本アジアグループは、香川県坂出市に総社塩産が所有する塩田跡地を活用したメガソーラー発電所、坂出ソーラーウェイの建設を開始すると発表した。

今回建設する坂出ソーラーウェイは、再生可能エネルギーの固定価格買取制度施行後、グループ初のメガソーラー発電所。瀬戸内海に面した塩田跡地(3万2000平米)に約1万3000枚の太陽光パネルを配置。出力は2MWで、一般家庭の約600世帯に相当する。

総事業費は約6億円を見込み、発電した電力は四国電力に売電する予定で、今年10月初旬の竣工を目指す。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 日本アジアグループ、岡山・熊本で3MWのメガソーラー発電所を開発  画像 日本アジアグループ、岡山・熊本で3MWのメガソーラー発電所を開発
  • 大和ハウス、九州最大のメガソーラー設置 画像 大和ハウス、九州最大のメガソーラー設置
  • 江別市に一般家庭約560世帯分のメガソーラー開設 画像 江別市に一般家庭約560世帯分のメガソーラー開設
  • GSユアサ、福島に1MW出力のメガソーラー 画像 GSユアサ、福島に1MW出力のメガソーラー
  • 三井松島産業、福岡でメガソーラー事業に参入…年間2000kWh  画像 三井松島産業、福岡でメガソーラー事業に参入…年間2000kWh