PSP『モンスターハンターポータブル 3rd』のフィールドをめぐる

モータースポーツ/エンタメ ゲーム

モンスターハンターポータブル 3rd モンスターハンターポータブル 3rd
  • モンスターハンターポータブル 3rd モンスターハンターポータブル 3rd
  • モンスターハンターポータブル 3rd モンスターハンターポータブル 3rd
  • モンスターハンターポータブル 3rd モンスターハンターポータブル 3rd
  • モンスターハンターポータブル 3rd モンスターハンターポータブル 3rd
  • モンスターハンターポータブル 3rd モンスターハンターポータブル 3rd
  • モンスターハンターポータブル 3rd モンスターハンターポータブル 3rd
  • モンスターハンターポータブル 3rd モンスターハンターポータブル 3rd
  • モンスターハンターポータブル 3rd モンスターハンターポータブル 3rd
カプコンは、プレイステーション・ポータブルソフト『モンスターハンターポータブル 3rd』の最新情報を公開しました。

『モンスターハンターポータブル 3rd』には、さまざまなフィールドが登場します。今回はなかでも特徴的な地形である、「孤島」「砂原」「水没林」「凍土」「火山」「渓流」を紹介していきましょう。

「孤島」は、起伏に富んだ森、海を見渡す切り立った崖、光の届かない暗い洞窟などがある場所。穏やかで安定した気候で、島のほとんどが森林地帯となっています。また豊富な水場もあることから作物が豊富に育つ環境下にあります。これら豊かな自然の恵みが多種多様なモンスターが集まる場所となるようです。虫捕りや採掘などができる場所も多いとのこと。昼夜などで寒暖の変化がなく、狩猟が行いやすいのも特徴です。素材の採集にも適している場所といえるでしょう。

「砂原」は、気温が高く乾燥した地域にある狩り場。しかし荒涼とした死の土地ばかりではなく、少ないながらも植物が根づき、多様な生態系を形成しています。砂原に照りつける陽射しは厳しく、日中の狩りでは、暑さに対する備えは欠かせないでしょう。また夜は気候が一変するフィールドでもあります。草原やオアシス、泥湿地などの場所と、砂漠や干ばつでひび割れた不毛な土地との、両極端な場所を見られます。岩場の中にできた洞窟の中では、この地特有のアイテムを入手できるかもしれません。昼は灼熱の場所と化すため暑さから身を守るクーラードリンクの準備が必要。しかし夜はその姿を変え、逆に寒くなるためホットドリンクがいるので注意しましょう。

「水没林」は、熱帯の湿地に広がる、複雑な生態系を擁した奥深い森林。大半の領域が浅い淡水に没していますが、上流から絶え間なく豊富な水が流れ込み続けるため、点在する川や湖が枯れることはありません。高い気温と湿度が過酷な反面、モンスターや多種多様な菌類、植物たちにとっての大いなる楽園でもあるようです。特徴としては、水没林でしか入手できない鉱石もある模様。ピッケルを準備して探してみましょう。モンスターもさまざま確認されており、菌類やキノコ類も多いことから素材が豊富な場所であることが考えられます。夜は雨は降っておらず星空が幻想的です。

「凍土」は、吹雪の荒れ狂う極寒の地。年間を通じて土壌が凍りつき、植物にとっても動物にとっても非常に過酷な環境を形作っています。それゆえ、モンスターにも独自の進化を遂げたものが多く、希少な素材を求めるハンターたちからは有用な狩り場とみなされているようです。崩れた氷を浮かべた大河や針葉樹の森が広がっていますが、中でも特筆すべきは巨大な洞窟の数々。豊富な鉱物資源のみならず、古いモンスターの死骸が凍結したまま残っている場所も発見されており、一部にはこれをして“モンスターの墓場”などと呼ぶ者もいるそうです。ハンターにとってはホットドリンクが必須。ひときわ凶暴なモンスターが巣としている隠されたエリアもあるといわれています。

「火山」は、太古の昔より手つかずの森の中にそびえたった、何者をも寄せつけぬ炎の山。活動は今まさに全盛期を迎えており、絶え間ない噴火が観測されているといいます。生きて帰ることすら困難な危険地帯である一方、溶岩によって変成した希少鉱石の宝庫であり、またこの地方でしか出会えないモンスターたちの生息域でもあります。そのため命知らずのハンターたちの中には、自らここでの狩りを希望する者も多いそうです。火山の火口付近では、豊富な鉱石が採掘可能。この場所ならではの鉱石や古代の遺物などを手に入れることができるでしょう。また麓の森ではアプトノスなどの草食モンスターも生息しているようです。暑さ対策にはクーラードリンクが必要。いたるところでマグマの噴き出す火山には、立っているだけでダメージを受けるような足場も存在しており、対抗するスキルを身につけることが重要になるかもしれません。

「渓流」は、ユクモ村の近隣にあるフィールド。高地にあるキャンプから、美しい渓流が流れる谷を挟んで、向かい側の山地までを見渡せます。かつてはこの地にも集落がありましたが、現在は誰も住んでいません。今でも、平野部には住居跡や廃船、山間部には朽ちた吊り橋や社(やしろ)の跡などを見ることができます。緑が豊かで、水源も豊富なため、多くの動植物が生態系を構成しているとのこと。植物の中では、木材が非常に良質な事で知られています。とくに「ユクモの木」は素材としても価値が高いとのこと。ほかにもこの地ならではのアイテムや特産物を採集することができます。

『モンスターハンターポータブル 3rd』は、12月1日(水)発売予定で価格は5,800円(税込)です。

(C)CAPCOM CO., LTD. 2010 ALL RIGHTS RESERVED.

孤島、砂原、水没林、凍土、火山、渓流・・・『モンスターハンターポータブル 3rd』のフィールドを巡る

《冨岡晶@INSIDE》

編集部おすすめのニュース

特集