粗鋼生産量、約60年ぶりの伸び率…2月

自動車 ビジネス 企業動向
日本鉄鋼連盟が発表した2月の鉄鋼生産概況によると、粗鋼生産量は843万5000t、前年同月比54.0%増となり、4か月連続でプラスとなった。自動車や家電向けが好調で7か月連続で800万t台乗せとなった。

伸び率は1950年8月の58.3%%増以来の高水準だった。1日当たり粗鋼生産は30万1000t。

2月の炉別生産をみると、転炉鋼が662万1000t、同58.5%増、電炉鋼が181万5000t、同39.3%増となった。鋼種別生産では普通鋼が660万2000t、同44.2%増、特殊鋼が183万4000tと前年同月の2倍となった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 三井物産、北海道の鉄鋼・建材販売業者の経営立て直しを主導 画像 三井物産、北海道の鉄鋼・建材販売業者の経営立て直しを主導
  • 新日鉄の「コンクリート中詰め合成セグメント」が道路トンネルに初採用 画像 新日鉄の「コンクリート中詰め合成セグメント」が道路トンネルに初採用
  • JFEスチールと慶應大、EV向けスチールフレームを共同開発 画像 JFEスチールと慶應大、EV向けスチールフレームを共同開発
  • トランプ政権の輸入制限、鉄鋼連盟の進藤会長が「保護主義の連鎖がおきる」と警戒[新聞ウォッチ] 画像 トランプ政権の輸入制限、鉄鋼連盟の進藤会長が「保護主義の連鎖がおきる」と警戒[新聞ウォッチ]

特集

おすすめのニュース