【SUPER GT 第7戦】好評のコースウォークなどイベント企画

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
【SUPER GT 第7戦】好評のコースウォークなどイベント企画
  • 【SUPER GT 第7戦】好評のコースウォークなどイベント企画
  • 【SUPER GT 第7戦】好評のコースウォークなどイベント企画
  • 【SUPER GT 第7戦】好評のコースウォークなどイベント企画
  • 【SUPER GT 第7戦】好評のコースウォークなどイベント企画
富士スピードウェイでは、9月12日と13日の2日間、グランドツーリングカーレースの国内最高峰、「2009 AUTOBACS SUPER GT 第7戦 FUJI GT300kmRACE」を開催する。レースに加えて様々なイベントも予定されている。

シーズンも終盤に入り、ポイントランキングはGT500クラス、GT300クラスとも複数のチームがトップを争う。第7戦はハンディウェイトが半減する最初のレースとなり、シリーズチャンピオンの行方を左右する一戦となるかもしれない。

イベントでは、まず、5月の第3戦で好評だったコースウォークを実施する。決勝レース終了直後に、ストレート上から表彰式を見たり、レースの余韻に浸りながらコースを散策できる。観客席からでは分からないコースの状況をドライバー目線で見られる。

コース各所にセーフティーカーや消火車などオフィシャルカーを配置し、レース運営を支えるオフィシャルとの交流もある。さらに、コースに散らばったタイヤ片はコース上ならでは入手できるお土産になる。

またミニカーメーカー、エブロの大会限定企画として「Fujispeedway Collection」を会場内で販売する。今シーズンのSUPER GTと往年のJGTCのマシンとを組み合わせたトヨタ、日産、ホンダのセットに加え、1994年と2003年の「スカイライン」を組み合わせた『ファースト&ラストスカイライン』を販売する。

富士スピードウェイで開催するスーパーGT観戦の魅力のひとつが、予選日の夜から決勝日の朝にかけて場内滞在できることだ。マイカーの車内やテントなどで一夜を過ごした翌朝は、富士山を仰ぎながら高原の新鮮な空気を味わう。直火でなければバーベキューもできる。

観戦チケットは前売りで大人5500円、大人ペア券1万円(中学生以下保護者同伴に限り無料)で、8月4日より販売を開始している。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

  • 【SUPER GT 第6戦】決勝…6時間に及ぶ夏の天王山を制したのは 画像 【SUPER GT 第6戦】決勝…6時間に及ぶ夏の天王山を制したのは
  • 【SUPER GT 第3戦】レース以外でもおおにぎわい 画像 【SUPER GT 第3戦】レース以外でもおおにぎわい
  • シューマッハ、F1復帰…フェラーリが発表 画像 シューマッハ、F1復帰…フェラーリが発表

特集