住江織物、通期業績見通しを下方修正…最終赤字17億円

自動車 ビジネス 企業動向

住江織物は、2009年5月通期の連結決算業績見通しで最終損益が17億3000万円の赤字に転落する見込み。前回予想では7億円の黒字だった。

売上高は810億円から729億円に下方修正した。第3四半期に入ってから自動車関連の大幅な受注の減少により、計画を大幅に下回る見込みとなった。
 
損益では、営業損益が15億円の黒字を予想していたが3億9000万円の赤字となる見込み。経常損益は17億円の黒字見通しから1億8000万円の赤字となる見込み。自動車内装材事業で早期希望退職制度や事業構造改革費用を計上するため、最終損益は大幅赤字を計上する見込み。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集