【COTY 選考コメント】投票用紙を前にしてまだ悩む…服部尚貴

自動車 ビジネス 企業動向

【COTY 選考コメント】投票用紙を前にしてまだ悩む…服部尚貴
  • 【COTY 選考コメント】投票用紙を前にしてまだ悩む…服部尚貴
  • 【COTY 選考コメント】投票用紙を前にしてまだ悩む…服部尚貴
  • 【COTY 選考コメント】投票用紙を前にしてまだ悩む…服部尚貴
今年、初めてCOTYの選考委員になった私には色々勉強になった年でした。やはり私はモータースポーツの世界がバックボーンになっているので、ハイパフォーマンス系に偏ったクルマのインプレッションが多く、小排気量・コンパクトカーを自然と遠ざけていた感があります。

しかし、この選考委員を機にコンパクトカーの魅力を実感する事が多く、私のクルマ感も少々変化があった年になりました。その中でトヨタ『iQ』が新しい技術でコンパクトさと居住性とを両立させていることや、ドライブフィール、デザインの面でも私としては高評価でした。

対する私の専門分野であるハイパフォーマンスの世界からは、日産『GT-R』。このクルマの、モータースポーツで得たノウハウから量産車にフィードバックされたテクノロジーや、サーキットで走らせた時に「すげ〜っ!!」と感じたコーナリングフィールは、世界に通用するどころかそれを飛び越えて頂点に上り詰めた程のインパクトがありました。

このまったくカテゴリーの違う2台で、投票用紙を前にしてもまだ悩んでいましたが、「走る事の楽しさ!」も伝えていかないといけない立場の私は、衝撃的なインパクトがあったGT-Rに10点満点を投票させて頂きました。

服部尚貴│レーシングドライバー/モータージャーナリスト
1990年、全日本F3シリーズチャンピオン獲得後、国内トップカテゴリーで活躍。米CARTシリーズ、F1スポット参戦などのレースキャリアを残し、現在はSUPER GTでドライビングスタンダードオブザーバーを務める。クルマについてはマニアックな趣味も併せ持ち、旧車からスーパースポーツまで、その正確なドライビングでクルマの楽しさを伝える。
《服部尚貴》

編集部おすすめのニュース

特集