椿本チエイン第1四半期決算…増収増益 自動車業界向け好調

自動車 ビジネス 企業動向
椿本チエインが発表した2008年4 - 6月期(第1四半期)の連結決算は、売上高が前年同期比5.1%増の388億3000万円、営業利益が同17.7%増の41億1300万円と増収増益となった。

国内では工作機械業界向け、自動車業界向けの商品が好調を持続、海外でも堅調に推移した。パワトラ事業、マテハン事業ともに、自動車業界向けが好調に推移した。

損益では、売上げ増に加えて、パワトラ事業の原価率改善が寄与したため、営業増益となった。
経常利益は同23.9%増の43億2600万円、当期純利益は同62.1%増の28億3200万円だった。

通期連結業績見通しは前回発表したものを据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集