イエローハット、通期業績見通しを下方修正

自動車 ビジネス 企業動向

イエローハットは、2008年3月期連結決算業績見通しを修正した。

売上高は1053億2900万円を予想していたが1065億2600万円と前回予想を上回る見通し。タイヤ値上げ前の駆け込み需要があったため。

収益面では、諸経費の増加で営業損益が4億2300万円の赤字から5億700万円と赤字幅が拡大する見通し。経常利益も3億1000万円から2億9100万円に下方修正した。

当期赤字は子会社のホームセンターサンコー特別損失や繰延税金資産の取り崩し増額などで13億7900万円から34億7000万円と前回予想よりも赤字が倍増する見通し。

収益の下方修正に伴って期末配当も減配する。前回予想では1株当たり12円を予想していたが8円に減配する。年間配当金は前年よりも4円減配の19円となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集