漫然運転のクルマ、中央分離帯に乗り上げて横転

自動車 社会 社会

5日早朝、富山県砺波市内の北陸自動車道下り線を走行中の乗用車が中央分離帯の縁石に乗り上げ、その弾みで横転する事故が起きた。クルマは大破し、運転していた男性が死亡している。

富山県警・高速隊によると、事故が起きたのは5日の午前5時25分ごろ。砺波市東保付近の北陸自動車道下り線で、第2車線(追越車線)を走行していた乗用車が緩やかな左カーブを曲がり切れず、直進するような状態で中央分離帯の縁石に乗り上げた。

クルマは横転大破。運転していた56歳の男性は近くの病院に収容されたが、頭部などを強打したことが原因で間もなく死亡した。交通量の少ない時間帯であり、事故に巻き込まれた他車両はなかった。

現場は片側2車線。警察では男性が漫然運転だったか、ハンドル操作を誤った可能性が高いとみている。この事故の影響により、事故現場を含む北陸道下り線の砺波 - 小杉インターチェンジ間が約1時間30分に渡って不通となった。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集