アルプス電気、円安で中間期業績見通しを上方修正

自動車 ビジネス 企業動向

アルプス電気は、2007年9月中間期の連結決算業績見通しを上方修正した。電子部品と音響製品事業で、為替の円安効果などで予想を上回る見通しとなったため、売上高を3320億円から3470億円に修正した。

為替差益の影響から、営業利益も70億円から90億円、経常利益が55億円から95億円に上方修正した。

15億円を予想していた中間期利益は40億円となる見通し。

通期業績見通しについては為替の動向が不透明なことから前回発表したものを据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集