中央自動車工業の第1四半期決算…増収増益 国内外で販売順調

自動車 ビジネス 企業動向

中央自動車工業が発表した2007年4−6月期の連結決算は、当期純利益が前年同期比10.3%増の1億8500万円と順調だった。売上高は同1.3%増の42億8900万円と微増ながら増収だった。

自動車関連事業の国内部門は、得意分野の一層の強化やオリジナル商品の開発、販路の拡大で順調だったほか、海外部門も欧州向け高付加価値商品の拡販やロシアでの販売が順調だった。

収益面でも売上げの伸びやモデルミックスの改善などで、営業利益は同19.3%増の2億1700万円、経常利益が同11.5%増の2億9300万円と増益だった。

通期業績見通しは前回発表したものを据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品