タカタ、単独の通期業績見通しを上方修正 子会社からの配当金

自動車 ビジネス 企業動向

タカタは、2008年3月期の単独の業績見通しを上方修正した。

売上高の1516億円、営業利益の55億円は前回発表したものを据え置いたが、経常利益を74億円から83億円に上方修正した。当期純利益も42億円を見込んでいたが、51億円になる見通し。

これは連結子会社のタカタサービスからの配当金9億円を営業外収益として計上するため。

連結財務諸表上では連結子会社の配当金は消去されるため、連結業績は修正していない。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集