追突されたクルマ、店舗に突っ込む

自動車 社会 社会

4日朝、兵庫県神戸市兵庫区内の国道428号で、脇道から国道側へ左折進入してきた軽乗用車に対し、国道を直進してきた乗用車が追突した。軽乗用車は弾みで歩道に乗り上げ、隣接するマンション前にいた女性をはねた後、1階部分にある商店に突っ込んだ。

兵庫県警・兵庫署によると、事故が起きたのは4日の午前7時5分ごろ。神戸市兵庫区下祇園町付近の国道428号で、脇道から国道へ左折進入してきた71歳男性の運転する軽乗用車に対し、国道を直進してきた35歳男性の運転する乗用車が追突した。

軽乗用車は追突された弾みで道路左側の歩道に乗り上げ、隣接するマンションの玄関付近で花に水をやっていた59歳の女性と接触、勢いを保ったままこのマンションの1階部分にあるパン屋に突っ込んだ。女性は打撲などの軽傷を負っている。

現場は見通しの良い交差点。警察では国道に左折進入した軽乗用車の安全確認に怠りがあった可能性があるとして、自動車運転過失傷害容疑で事情を聞いている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集