衝突したクルマから転落? 飛び降り?

自動車 社会 社会

4日、岐阜県各務原市内の東海北陸自動車道で、乗用車が壁面に衝突したまま止まっているのを別のクルマのドライバーが発見、警察に届け出た。クルマが止まっていた場所の20m下の河川敷には男性が倒れており、すでに死亡していた。

岐阜県警・高速隊によると、事件が起きたのは4日の午前6時30分ごろ。

各務原市川島渡町付近の東海北陸自動車道下り線で、乗用車が道路左側の側壁に衝突して止まっているのを現場を通り掛かったドライバーが発見。岐阜各務原インターチェンジの料金収受員を通し、警察に届け出た。

通報を受けた同隊のパトカーが現場に急行したが、衝突で小破したクルマは無人の状態だった。ドアは開いており、警察が周囲を捜索したところ、衝突現場の真下約20m付近の木曽川河川敷に人が倒れているのを発見。各務原署に確認を要請した。

連絡を受けた同署員が河川敷で男性が倒れ、すでに死亡していることを確認。所持品などから死亡していたのは愛知県名古屋市内に在住する21歳の男性であることが判明した。

警察ではこの男性が事故後、東海北陸道の高架橋から転落したものとみているが、現段階では事件と事故の両面から調べを進めている。

また、衝突した状態で発見されたクルマについては、富山ナンバーのものであり、死亡した男性名義ではないことから、この点についても警察は調べを進めるとしている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集