【日産ティーダラティオ詳報】インテリアだけではなく走りもシッカリ

自動車 ニューモデル 新型車
【日産ティーダラティオ詳報】インテリアだけではなく走りもシッカリ
  • 【日産ティーダラティオ詳報】インテリアだけではなく走りもシッカリ
  • 【日産ティーダラティオ詳報】インテリアだけではなく走りもシッカリ
  • 【日産ティーダラティオ詳報】インテリアだけではなく走りもシッカリ
日産の新型セダン『ティーダ ラティオ』に乗ると、意外なほど安定した乗り味であることに驚く。荒れた路面では多少路面の感覚が強く伝わるが、市街地を走っているときには、比較的フラットな乗り心地で、加減速による前後のピッチングも少ない。コーナーを曲がる際にもロールが上手く抑えられており、ロールスピードも緩やかだ。

ハンドリング関しても、意外に機敏に反応してくれるので、ステアリング操作に対して素直にクルマが追従してくれる。『サニー』に比べ、だいぶ若々しいハンドリングに仕上がっている。

その点について日産自動車商品企画本部チーフプロダクトスペシャリスト松本秀二さんは「『ティーダ』にはサスペンションに、『フェアレディZ』や『スカイライン』に採用されている、リップルコントロールショックアブソーバーや、『エルグランド』などに採用されているリバウンドスプリングといった、上級車種にしか採用されないアイテムをおごっています」

「そのため乗り心地やハンドリングに関しても、ひとクラス上の走行性能を実現できていると思います」とコメント。

実際に走ってみて、リップルコントロールショックアブソーバーの効果の大きさに気付かされた。快適性を損なわずに、クルマの挙動を上手く抑えている。インテリアや室内の広さが大きく取り上げられるラティオだが、走行性能の面もシッカリと仕上げられているクルマだった。
《岡島裕二》
【画像】【日産ティーダラティオ詳報】インテリアだけではなく走りもシッカリ(3枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース