駐車料金を携帯電話で払う

自動車 社会 社会

携帯電話を使って、パーキング・エリアの利用料金を支払うシステムの実験が、英国ロンドンのワンズワース地区で行われている。うまくいけば、年内にも、他のロンドンの地区に拡大される予定だ。

この新システムでは、道路上のパーキング・エリアを利用する際に、携帯電話で指定の電話番号にかけると、使用用開始時間が確定する。また、パーキング・エリアの利用が終わった時に、同じ番号にかけると、正確な利用時間が分単位で決まり、それに応じて課金される。利用料金は、あらかじめ登録してある銀行口座から引き落とされる。

開始と終了を通知するための電話料金は、あわせて10ペンス(19円)。また、システムに参加するための費用が月額1ポンド(190円)別途かかる。ただ、これまでのパーキング・メーターのような利用時間と支払う金額の間に生じる曖昧さはなく、ドライバーには好評という。

このシステムは、オランダのパークモバイル社が開発したもので、オランダでは、導入後1年以内に、少なくとも5分の1のドライバーが、このシステムに切り替えたという。イギリスでも、ロンドンに続いて、他の地域にも普及する公算が大きい。
《》

編集部おすすめのニュース