世界不況も関係なし? ポルシェが好決算

自動車 ビジネス 企業動向
世界不況も関係なし? ポルシェが好決算
  • 世界不況も関係なし? ポルシェが好決算
ポルシェAGが発表した第3四半期(2002年8月〜2003年4月)までの連結決算によると売上高は前年同期比18.2%増の38億9000万ユーロと大幅増収となった。利益も過去最高を記録した前年度を上回る見込みだ。

新たに連結対象に加わったポルシェ・ファイナンシャルサービスの影響を除いても同9.8%増の36億2000万ユーロで、好調に推移している。グループ全体の新車販売が同12.8%増の4万4413台と大幅に伸びたのが主因だ。

『ボクスター』と『911』は前年割れだったが、新型SUVの『カイエン』を昨年12月から世界の各市場に導入し、8663台を販売したのが功を奏した。

最大マーケットの北米はカイエン導入の効果で同18.1%増の1万9556台。ドイツは前年割れだったが、北米とそれ以外の輸出が好調だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース