不適切だったブレーキシリンダーの管理…JR北海道が保線作業用機械逸走の根本原因を明らかに 4枚目の写真(全4枚)
ミニホキのブレーキ構造概要。基本的には踏面ブレーキを採用する一般の鉄道車両と同じ仕組みだが、電車の付随車のように車軸に作用するディスクブレーキのようなものはないため、最も単純なブレーキシステムといえる。シリンダー内のピストン移動量(ストローク量)に余裕を持たせずにピストンが伸び切ると、制輪子を車輪に圧着することができない。
《資料提供 北海道旅客鉄道》ミニホキのブレーキ構造概要。基本的には踏面ブレーキを採用する一般の鉄道車両と同じ仕組みだが、電車の付随車のように車軸に作用するディスクブレーキのようなものはないため、最も単純なブレーキシステムといえる。シリンダー内のピストン移動量(ストローク量)に余裕を持たせずにピストンが伸び切ると、制輪子を車輪に圧着することができない。
長押しで
自動スライド

編集部おすすめのニュース