トヨタ、新研究施設の全面運用開始…Toyota Technical Center Shimoyama

・トヨタが新研究開発施設を全面運用開始

・自然地形を活かしたテストコースで品質向上

・環境保全と地域共生を重視した施設運営

車両開発棟 外観
  • 車両開発棟 外観
  • 来客棟 外観
  • 車両開発棟 内観
  • 車両開発棟 内観
  • 車両開発棟 内観
  • 来客棟 内観
  • Toyota Technical Center Shimoyama 全体図

トヨタ自動車は3月25日、愛知県の豊田市と岡崎市にまたがる山間部に建設を進めてきた研究開発施設「Toyota Technical Center Shimoyama」の全面運用を開始した。この施設は、自然地形を活かしたテストコースを有し、「もっといいクルマ」の開発を牽引する。

施設は2018年4月に建設が始まり、2019年4月に中央エリア、2021年10月に東エリアの運用を開始。レクサス『IS』の開発を皮切りに、新型車の開発を行ってきた。今回、車両開発棟や来客棟を備えた西エリアが完成し、全面運用に移行した。

車両開発棟では、レクサスカンパニー、GRカンパニーが中心となり、企画から評価まで一貫した開発を行う。最先端のデジタル機器を活用し、リアルとデジタルの融合した開発を進める。来客棟は、ビジネスパートナーやサプライヤーとの共創の場として機能する。


《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集