【あと24時間アンケート】千葉から神奈川まで東京を経由せずに…ルートを調べる

千葉県から神奈川県まで東京都を経由せずに行く、最短ルートは? 東京都に発出されていた緊急事態が解除された。緊急事態中は媒体向けのイベントでも、会場が都内で「東京都外からの来場はご遠慮ください」というケースもあった。

では、千葉県から神奈川県まで、東京都内を経由せずに車で行くとすると、最短ルートはどのようになるだろう。読者諸兄姉に調べて欲しい。ざっくり千葉~埼玉~山梨~神奈川になると思う。起点終点の設定もおまかせする。

ルート設定のポイントはいくつかあって、まず出発地。千葉・埼玉県境は、千葉県側が松戸市、流山市、野田市となっていて南北に長い。これをどこに設定するかで埼玉県内のルートが変わってくるだろう。

埼玉~山梨は、秩父市から山梨市に抜ける国道140号・雁坂トンネルに絞られそうだ。群馬や長野に大回りするように思えて、実際の道のりは短いコースがあるかもしれない。

ゴール地点の設定も悩ましい。神奈川県北部の相模原市にするか、山梨県内を南下して山越えを繰り返し、静岡県内を通過して箱根方面に抜けるか。箱根のふもとからでも、北に抜けるか、乙女峠を登るかで距離は変わるだろう。

ルート設定にあたっては、生活道路や林道などを含むと際限がないので、県道、国道、高速道路で構成することにする。所要時間や通行料金は問わない。県境が水面上にある場合は、千葉県側の堤防をスタート、神奈川県側の堤防をゴールとする。

ここまで読んで「アクアラインがある!」と思いついたあなた、はい、その通り。アクアラインの全線は15.1km、海ほたるのある千葉県木更津市から神奈川県川崎市までのトンネル部が9.5km。これが千葉県から神奈川県まで、東京都内を経由せずに車で行く最短ルートとなる。東京湾横断ルートはもうひとつあって、自分で車の運転はほとんどしないが、千葉県富津市と神奈川県横須賀市とを結ぶ東京湾フェリーが11.5kmだ。こちらが2位。

というわけで、3番目に短いルートを調べて欲しい。

> アンケートに答える
締め切りは6月23日23時59分!!

乙女峠から見た富士山。例では右手の裾野を抜けてくる。乙女峠から見た富士山。例では右手の裾野を抜けてくる。やってみよう……Googleマップなどオンライン地図サービスを使うと、面倒な計算抜きで簡単に求められる。以下、Googleマップの例。

Googleマップの左上のフォームの右端に、右折標識のような「ルート」ボタンがあるのでクリック。まず仮のスタート地点とゴール地点を決める。地図上でスタート地点候補をクリック(例は上葛飾橋東詰)、続いてゴール地点候補をクリック(例は乙女峠)。地点の設定はだいたいの勘でOKだ。あとでチューニングする。
https://goo.gl/maps/WgLn5Wmwhu4vArMy9

そうすると東名を走っていくルートが表示され、距離(道のり)も表示されると思う。都内を突っ切っているので条件に合わない。そこで、ルートの中間のどこでもいいからドラッグ&ドロップで移動して、雁坂峠をプロットする。これで埼玉県内を横切るルートが出てくるかと期待したら、中央道・大月IC~雁坂峠を往復するルートが表示されてしまった。まだ都内を通過している。
https://goo.gl/maps/XFFFWvpTipbwxf327

中央道のどこかをドラッグして、雁坂峠の埼玉側、例えば秩父市役所にドロップすると、大回りのルートが表示されると思う。Googleマップは高規格道路を優先するのか、例だと外環~関越を選択、大泉JCT付近でわずかに都内を通過している。
https://goo.gl/maps/yW5y1oZcrxA3TDh78

秩父へ行く際に荒川沿いを走っているが、このルートだと正丸峠をショートカットしたほうがよさそうだ。山梨県内でも、中央道・笹子トンネルを通過するより国道137号・新御坂トンネルのほうが距離は短そう。こういったルートをドラッグ&ドロップし、距離を短くしていく。
https://goo.gl/maps/z1UVUKZp2cKDZRrr5

仮のスタートとゴールで最短距離が決まったら、今度はスタート地点を移動して、最短距離を求める。同様にゴール地点を移動して、最短距離を求める。スタートとゴールを同時に動かすと、どちらが移動して距離が短くなったか分からないので、片側ずつ移動するといい。

さて、最短距離が求められたら、左上のハンバーガーマークまたは座布団マークを押して「メニュー」を表示、中ほどの「地図を共有または埋め込む」をクリック、ポップアップした画面の「リンクをコピー」を押すと、表示されているページ(ルート)のURLがコピーされる。

《高木啓》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース