アルピーヌ A110、限定車2モデルを今春・秋に日本導入

アルピーヌ110
  • アルピーヌ110

アルピーヌ・ジャポンは3月4日、『A110』の限定2モデルおよびパーソナライゼーションプログラムを2020年春頃よリ順次、日本市場に投入すると発表した。

アルピーヌはパリにあるスタジオアルピーヌにて、限定車『A110リネージGT』『A110カラーエディション2020』の2モデル、パーソナライゼーションプログラム「アトリエアルピーヌ」を発表した。

A110 リネージGTは、『A110リネージ』をベースに内外装をエレガントに仕上げたモデル。新色1色を含む、3色のボディカラーバリエーションを用意する。世界限定400台で、日本導入は2020年春頃を予定している。

A110カラーエディション2020は、毎年、受注期間限定で販売する特別色の限定モデル。2020年モデルは『A110S』をベースとし、ジョン トゥルヌソル(ひまわりの黄色の意)のボディカラーを採用した。日本導入は2020年夏頃を予定している。

アトリエ アルピーヌは、29色の新色ボディカラー、3種類のホイール(各3色のカラーバリエーション有)、4色のブレーキキャリパーカラーを自由に組み合わせてオーダーすることができるパーソナライゼーションプログラム。日本導入は2020年秋頃を予定している。

動物・ペットのリアルを伝える新メディア 「REANIMAL」(リアニマル)

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース