快適性と操縦性の見事な両立、駆け抜ける歓びを具現化している 5シリーズ…こもだきよし【カーオブザイヤー2017-18】

自動車 ビジネス 国内マーケット
BMW『5シリーズ』(COTY2017試乗会)
  • BMW『5シリーズ』(COTY2017試乗会)
  • 第38回「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2017-2018」BMW『5シリーズ』
  • 第38回「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2017-2018」BMW『5シリーズ』
  • 第38回「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2017-2018」10ベスト選出車種
今年の一台を決める第38回「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2017-2018」が発表された。モータージャーナリストをはじめとする60名の選考委員による選考コメントが、公式サイトで公開されている。各委員の得点とともに引用し、紹介する。

モータージャーナリストのこもだ きよし氏はBMW『5シリーズ』に10点を投じた。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載されたコメントである。

☆☆☆

快適性と操縦性を見事に両立し、BMWらしい駆け抜ける歓びまで具現化している。

その仕上がりが良く、見た目だけでなく走りの質感も高いところを評価した。長距離ドライブしたときに疲れが少ないのは、快適性だけでなく運転の愉しさもあるからだ。

安全性も含めて最先端の技術を投入しつつも、BMWの昔からのポリシーがブレないところもブランドを保てるポイントだろう。色々な意味でベンチマークになり得るクルマである。

☆☆☆

全投票点数は下記の通り。
BMW『5シリーズ セダン/ツーリング』:10点
ボルボ『XC60』:4点
マツダ『CX-5』:4点
アルファロメオ『ジュリア』:4点
トヨタ『カムリ』:3点

こもだきよし|モータージャーナリスト/AJAJ会長
学生時代から始めたレースをきっかけに、タイヤのテストドライバーになり、その後フリーランスのモータージャーナリストに転身。クルマが好きというより運転が好きなので、その視点でクルマの評価をしている。日本自動車ジャーナリスト協会副会長、JAF交通安全委員会委員、警察庁(交通企画課/運転免許課)各種懇談会委員、グッドパーキング選考委員、全国道路標識・標示業協会理事、BMWドライバー・トレーニング・チーフインストラクターなどの肩書を持つ。スポーツドライビングやセーフティドライビングの実技講習だけでなく、2002年からはトラックドライバー向けのエコドライブ講習も手掛け好評を得ている。
《出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP》

編集部おすすめのニュース

特集