RA300 や RC142 など、NGKプラグ搭載の名車が集結…4月23日・24日 鈴鹿2&4

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
ホンダ RA300
  • ホンダ RA300
  • 1962年 第1回全日本ロードレース選手権のスタートシーン
  • ホンダ  RC142(1959年)
  • ヤマハ YZF750(1987年)
  • モリワキモンスター(1981年)
  • ホンダ NSR500(1997年)
  • ホンダ  RA271(1964年)
  • 星野一義氏
モビリティランドは、4月23日・24日に開催する「NGKスパークプラグ 鈴鹿2&4レース」において、NGKスパークプラグの日本特殊陶業創立80周年を記念したイベント「モータースポーツを支え続けるNGKとともに歩んだ名車たち」を開催する。

イベントでは、NGKスパークプラグを搭載し、1960年代のレースシーンを飾った8台のバイクと、1967年F1第7戦イタリアGPで0.2秒差の激戦を制して優勝した「ホンダ RA300」が時を越えて結集。それぞれのデモランで懐かしのエンジン音を轟かせて鈴鹿サーキットを駆け抜け、思い出のシーンを再現する。

また、1964年のF1参戦マシン「ホンダ RA271」や1959年のマン島TT参戦マシン「ホンダ RC142」、1981年の鈴鹿8耐参戦マシン「モリワキモンスター」など、世界で活躍したNGKスパークプラグ搭載の歴史的マシンを展示する。

さらに、日本のモータースポーツを牽引してきた星野一義氏と北野元氏の、2人のレジェンドドライバーによるトークショーも開催する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集