デルタ航空、アトランタ=ブリュッセル線を運休…来年3月まで

航空 企業動向
デルタ航空のボーイング767-300型機
  • デルタ航空のボーイング767-300型機
デルタ航空は4月2日、アトランタ=ブリュッセル線を2017年3月まで運休すると発表した。

同社はアトランタ=ブリュッセル線運休の理由として、3月22日にテロが発生したブリュッセル空港の完全再開時期が不透明なままであること、需要が弱くなっていることを挙げた。なお、同空港は3日、旅客便の運航を一部再開している。

ほかの米国=ベルギー線は、ニューヨーク(JFK)=ブリュッセル線が今週中に運航を再開する予定。また、アトランタとベルギーの隣国、オランダのアムステルダムを結ぶ路線は現在も運航している。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

特集