【東京モーターフェス14】自工会池会長「見て、触って、同乗して」

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

日本自動車工業会は10月10日に、11日から13日まで東京都江東区の東京臨海副都心で開催する「東京モーターフェス2014」のプレス向け事前イベントを開いた。

今回、注目のショーとなる車両のサーカス「シルク・ド・モビ」が華やかに演じられた後、参加する自工会13社のトップが、それぞれ自慢の自社モデルに乗って登場した。モリゾウこと豊田章男トヨタ社長は、『86』ベースのラリー車両でドラフティングしながら入場、喝采を浴びた。

自工会の池史彦会長は挨拶で「日頃は切磋琢磨しているクルマ、トラック、バイクメーカーが心を合わせ、日本に元気を届ける楽しいイベントにしたい。来て、見て、触って、そして同乗していただきたい」と、呼び掛けた。

モーターフェスは昨2013年も東京モーターショーの開幕前に開催されたが、モーターショーが休催となる今年はよりスケールアップしている。参加メーカーも前回までの乗用車中心から、トラックやバイク専業も加えた13社に増加。さらに独ダイムラーとBMWの日本法人など海外3社も参加し、盛り上げていく。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集