JR四国の「新幹線」、3月15日から運転開始

鉄道 企業動向
0系に似せた「鉄道ホビートレイン」のイメージ。3月15日から予土線で運転を開始する。
  • 0系に似せた「鉄道ホビートレイン」のイメージ。3月15日から予土線で運転を開始する。
  • 「鉄道ホビートレイン」の平面図と内装イメージ。車内は青色を基調とし、ショーケース(平面図の1・2・3)を設置して鉄道模型を展示する。
  • 「鉄道ホビートレイン」に改造されるキハ32形気動車。
JR四国は1月27日、予土線に導入する「鉄道ホビートレイン」の運転開始日を、ダイヤ改正日の3月15日にすると発表した。

「鉄道ホビートレイン」は、予土線の全線開通40周年と一部開業100周年を記念して導入する車両。キハ32形気動車1両を改造し、かつて東海道・山陽新幹線で運用されていた0系を模した外観にする。窪川方の先頭部には0系そっくりの流線型カバーを取り付け、塗装も0系と同じ青と白の2色とする。

車内は「青色基調のミュージアム」をイメージした内装に。座席の大半はロングシートだが、一部は記念撮影などができるよう転換座席にする。

また、ショーケースを車内各部に設置。窪川方・運転席側ドア付近には半円筒状のショーケースを設け、過去から現在までの新幹線先頭車の模型を5両程度展示する。一方、宇和島方・運転席側のドア付近には大型のショーケースを設置し、定期的に展示内容を更新する予定。第1回目は四国にちなんだ車両を中心に展示する。このほか、ロングシート後方の窓間にも小型のショーケースを設置し、四国にちなんだ車両を展示する。

「鉄道ホビートレイン」運用列車の時刻は江川崎6時32分発~窪川7時27分着、窪川10時04分発~宇和島12時17分着、宇和島13時10分発~近永13時46分着、近永13時55分発~宇和島14時31分着、宇和島15時37分発~窪川17時50分着、窪川18時24分発~宇和島20時37分着、宇和島21時03分発~江川崎22時20分着。ただし宇和島13時10分発と近永13時55分発の列車は原則として土曜・休日のみ「鉄道ホビートレイン」が使用される。

初日の3月15日は宇和島13時10分発の近永行きから運転を開始。これにあわせて宇和島駅3番線ホームで出発式典が行われる。また、運転開始に先立ち3月1~15日に主要駅で車両展示会を行う予定だ。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集