三菱電機、温室効果ガス観測技術衛星2号の衛星システムや計測センサーを開発…2017年度打ち上げ

宇宙 企業動向

三菱電機は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)から温室効果ガス観測技術衛星2号(GOSAT-2)の契約者に選定されたと発表した。

2017年度予定の打上げに向けて詳細な仕様検討を行い、2014年4月から本格的な開発・製造に着手する予定。

2017年度打上げ予定の「GOSAT-2」は、2009年に欧米に先駆けて打上げられた世界初の温室効果ガス観測専用の衛星「いぶき」(GOSAT)の後継衛星。

三菱電機は今回、「いぶき」で担当した衛星システムの開発・製造に加え、高性能な観測センサーの開発・製造、地上設備の構築、打上げ後の衛星の管制運用をトータルで担当する予定。

「GOSAT-2」は、「いぶき」同様、環境省、国立環境研究所とJAXAが共同して開発する。濃度分布測定精度の向上を図るため、より多くの観測データを収集可能な高性能観測センサーを搭載する予定。

COP19で日本が発表した「攻めの地球温暖化外交戦略」でも、日本の低炭素技術の世界への応用アプリケーションの一つとして、GOSAT-2が取り上げられている。

今後、米国の「OCO-2」、欧州「Carbonsat」など、「いぶき」に続く温室効果ガス観測専用衛星の打上げが計画されており、「GOSAT-2」は国際的な連携・協力も期待されている。

同社では開催中の「第15回エコプロダクツ2013」で「GOSAT-2」に関連する展示を行っている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集