NASA、災害救助用レーダー装置の実演・討論会を実施

宇宙 企業動向

米国土安全保障省webサイト
  • 米国土安全保障省webサイト
  • バージニア・タスクフォース1のトップページ
  • ジェット推進研究所webサイト
  • NASA webサイト
米航空宇宙局(NASA)は9月17日、災害救助用の新レーダー装置「Finding Individuals for Disaster and Emergency Response(FINDER)」の実演・討論会を実施すると発表した。

「FINDER」は、崩壊した建物の下敷きになった人の心臓の鼓動を探知し、約9メートル下に埋まった人の位置を特定できる。NASAジェット推進研究所と国土安全保障省・科学技術局が共同で開発した。数々の改良が行われ、現場の救援隊員の意見も取り入れられたとのこと。

「FINDER」の実演、開発担当者が参加する討論会は、9月25日10時30分(現地時間)、バージニア・タスクフォース1の訓練施設で行われる。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

特集