ケーヒンとサンデン、自動車用空調システム分野で提携…メガサプライヤー目指す

自動車 ビジネス 企業動向

ケーヒンとサンデンは、自動車用空調システム分野で提携することで基本合意した。

両社は、対等の精神に基づいて、空調システム事業で世界トップクラスの商品を創出するとともに、市場でのスケールメリット獲得、世界中の自動車メーカーへ販売を拡大してメガサプライヤーになることを目指して、協業する。

また、サンデンの欧米顧客を中心とした、グローバル市場でのビジネス拡大可能性と環境技術の開発力、ケーヒンの熱交換器事業分野でのグローバル競争力などを相互に持ち寄り、共同で開発・販売拡大活動を行う合弁会社の設立を検討する。

顧客拡大とそれに向けた開発は、顧客拡大性を持つサンデンがリードする。

今後、協業の在り方については両社で協議を進める。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集