シトロエン C4 新型、概要を初公開

自動車 ニューモデル 新型車
C4新型
  • C4新型
  • C4新型
  • C4新型
  • C4新型
  • C4新型
  • C4新型
  • C4新型
  • C4新型
シトロエンは1日、新型『C4』の概要を明らかにした。クオリティ、快適性、ハンドリング、環境性能を高次元でバランス。欧州Cセグメントの新基準を標榜する。

新型C4は、2008年の新型『C5』、2010年の新型『C3』に続いて、シトロエンの最新デザイントレンドを導入。エクステリアは、彫刻的なラインや高品質な仕上がりが特徴だ。エアロダイナミクス性能にも磨きをかけた。

ボディサイズは、全長4329×全幅1789×全高1491mm、ホイールベース2608mm。現行モデルと比較すると、50mm長く、20mmワイド、30mm背が高い。

ボディの大型化の恩恵で、実内空間は拡大。トランク容量はクラス最大級の408リットル(VDA計測法)を確保した。シートの快適性も見直され、頭上空間の余裕も増している。

エンジンは、ガソリンとディーゼルを用意。簡易型のマイクロハイブリッド、「e‐HDi」システムを組み込むディーゼル仕様は、アイドリングストップや低転がり抵抗タイヤの採用によって、CO2排出量109g/kmを実現。さらに将来、CO2排出量を99g/kmまで低減したモデルも追加される。

新型C4は、9月に開幕するパリモーターショーで正式発表。欧州では、フォルクスワーゲン『ゴルフ』やフォード『フォーカス』、ルノー『メガーヌ』など、強力なライバルがひしめく激戦区に投入される。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集