【カーナビタイム登場】携帯電話やPCと連携して使うナビ

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
カーナビタイム WND-01K
  • カーナビタイム WND-01K
  • カーナビタイム WND-01K
  • カーナビタイム WND-01K
  • カーナビタイム WND-01K
  • カーナビタイム WND-01K
『カーナビタイムWND-01K』は、ナビタイムジャパンが携帯電話やPC向けに提供している「ナビタイム」や「EZナビウォーク」と組み合わせることで、さらに便利に使えるようになる。携帯電話で検索した目的地をそのままカーナビタイムに転送できるのだ。

携帯電話のサービスを使って地点検索を行うと、検索結果を表示した画面の下部に「CAR NAVITIMEに転送する」という項目が表示されるようになった。これを選択すると予めID登録をしたカーナビタイムへ地点の送信ができる。使い慣れた携帯電話をまるでリモコンのように使えるというわけだ。

PCの場合には検索したルートそのものを転送することができる。経由地を多く設定する場合には、ナビで設定するよりもPCで設定した方が手間も掛からない。カーナビタイム側でアクティブスタートを設定しておけば、ナビを起動した時点で情報取得を行ってくれる。

また、携帯電話やPCで転送しなくとも、自分の検索履歴はそのまま使えるようにもなっている。携帯電話で調べたものをPCで、PCで調べたものを携帯電話で…というのがナビタイムの利点でもあったが、今後はこれにカーナビタイムも加わる。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集