ジョルジェット・ジウジアーロ「大海の一滴になる」…VWが買収

自動車 ビジネス 企業動向
ジョルジェット・ジウジアーロ会長。イタルデザイン・ジウジアーロ本社展示ブースで
  • ジョルジェット・ジウジアーロ会長。イタルデザイン・ジウジアーロ本社展示ブースで
  • ジョルジェット・ジウジアーロ会長。イタルデザイン・ジウジアーロ本社展示ブースで
  • ジョルジェット・ジウジアーロ会長。イタルデザイン・ジウジアーロ本社展示ブースで
  • ジョルジェット・ジウジアーロ会長。イタルデザイン・ジウジアーロ本社展示ブースで
  • ジョルジェット・ジウジアーロ会長。イタルデザイン・ジウジアーロ本社展示ブースで
イタリアを代表する自動車デザイン会社の1社『イタルデザイン・ジウジアーロ』の株式90.1%をフォルクスワーゲン(VW)が買収することになったのは既報のとおりだ。

買収が発表された25日、イタリアでは主要テレビ局でこそ採り上げられなかったものの、日刊紙は軒並み翌26日の経済欄で報じた。とくにイタルデザインの本拠地トリノに本社を置く、フィアット系の『ラ・スタンパ』紙は、経済欄のトップ1ページを割き、ジョルジェット・ジウジアーロ会長の経歴や業績についても詳しく伝えた。

イタルデザイン・ジウジアーロは今年1月、中国系アメリカ企業「HKモータース」と環境対応車の開発とエンジニアリングに関し、5億ドルの契約を締結した。その調印について、ジウジアーロ会長自身は筆者に「実に幸運だった」と語った。しかし筆者がイタルデザイン-ジウジアーロ関係者から聞いた話によると、同社は過去2年間にわたり、赤字経営を余儀なくされてきた。VWによる買収は、そうした一連のプロセスの終着点といえる。

ジウジアーロ会長はVWとの交渉期間中、日本でも過去に話題となった小説『ソフィーの世界』を読んでいた。彼によれば、その中の一節「すべての雫は、やがて海に流れ込んで大海となる」に感銘し、「まさにイタルデザインは、その一滴であると考えた」という。そのうえで「VWグループ入りは、我々自身と我々の力も再評価することを意味する」とコメントしている。

なお、引き続き9.1%の株式を所有するジウジアーロ会長および息子でスタイリングディレクターのファブリツィオ・ジウジアーロ氏には、新たに組織される取締役会でも役職が用意される見込みだ。

ところで現在、VWでは過去にアルファ『156』や『147』を成功させたイタリア人、ウォルター・デシルバがブランド全体のデザインディレクターを務めている。またデザイン開発とは直接関係ないが、VWブランドのマーケティングディレクターも、以前フィアット・オートモビルズでCEOを務めたルカ・デメオだ。こうしたいわば既存のVW内“イタリアン・コネクション”と、イタルデザイン・ジウジアーロが、今後どのような関係を築いてゆくかも注目すべきところだろう。

ちなみに以前、ジウジアーロ会長がイタリアのテレビ番組で証言したところによると、「1970年代初頭、初代『ゴルフ』のデザインに関してVWに赴くと、通された部屋にはフィアット『128』が研究用に分解してあって驚いた」という。イタリアが前輪駆動の小型車開発でリードしていた時代の逸話である。

その頃から縁の深いVWの傘下に入ることは、このトリノの会社にとって最良の選択肢であったに違いない。
《大矢アキオ》

編集部おすすめのニュース

  • VW、イタルデザイン・ジウジアーロの買収を発表 画像 VW、イタルデザイン・ジウジアーロの買収を発表
  • VW、イタルデザインを買収か---どうなる? 画像 VW、イタルデザインを買収か---どうなる?
  • [動画]トヨタとテスラ、両CEOが会見…シュワルツェネッガー知事も同席 画像 [動画]トヨタとテスラ、両CEOが会見…シュワルツェネッガー知事も同席
  • 元アウディのデザイナーを起用 鳥取発のEV事業 画像 元アウディのデザイナーを起用 鳥取発のEV事業

特集