東洋ゴム、VLNレース第8戦参戦チームにレース用タイヤを供給

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
東洋ゴム工業は、8月29日にドイツ・ニュルブルグリングで開催されるVLNレースシリーズ第8戦にあたる「RCM DMV Grenzlandrennen」に参戦する「Lammertink Racing with TOYO TIRES」に、レース用タイヤ「PROXES RS1(ドライ)」「PROXES RR1(ウェット)」を供給する。

VLNレースシリーズは、ニュルで年間10回以上開催されるシリーズ戦で、24時間レースの調整を兼ねたプロチームからレースを楽しむアマチュアまで毎回150台以上が参加するセミ耐久レース。

東洋ゴムがサポートするLammertink Racingは、ドライバーがトム・コロネル選手、木下隆之選手で、オランダをベースとするチームで、10月に行われる同レース他にも参加を予定している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集