中央自工の中間決算…大幅増益 自動車関連のオリジナルグッズが好調

自動車 ビジネス 企業動向

中央自動車工業が発表した2008年9月中間期の連結決算は、営業利益が前年同期比62%増の7億6500万円と大幅増益となった。

売上高は同2%増の91億6000万円と増収だった。移動体通信関連事業は低迷したものの、自動車関連事業でオリジナル商品の販売が順調だった。
 
収益も売上げ増の効果で営業増益となった。経常利益は同49%増の9億2100万円だった。当期純利益は役員退職慰労金制度廃止に伴う功労加算金や投資有価証券評価損などを計上したが同76%増の3億7300万円となった。
 
通期の連結業績見通しは売上高が同6.4%減の177億円、営業利益が同8.7%増の14億4000万円、経常利益が同6.4%増の17億1000万円、当期純利益が同3.1%増の7億6000万円となる見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品