ソリッドグループ、親会社とCMS契約を破棄

自動車 ビジネス 企業動向

ソリッドグループホールディングスは、親会社のソリッドアコースティックスとのCMSに関する契約の破棄やソリッドアコースティックスの資産をソリッドグループに追加差し入れすることなどを決めた。

ソリッドアコースティックスはソリッドグループがCMSに寄託した120億円を、リーマンブラザーズ証券と締結した債務に基づく自己担保として120億円を預託していたが、リーマンから債務150億円の返済期限となり、預託金を債務の弁済の一部に充当したとの通知を受けた。

このため、ソリッドグループはソリッドアコースティックスとのCMSに関する契約の破棄、両社での準消費賃貸契約の締結、ソリッドアコースティックスの資産をソリッドグループに追加差し入れし、債務の弁済に充当する。

さらに、ソリッドグループは、保有する投資有価証券の売却などで運転資金を確保し、営業黒字転換に向けた中期事業計画を策定するとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集