ミシュランの野望……欧州最大の修理サービス会社誕生

自動車 ビジネス 企業動向
仏タイヤメーカーのミシュランの子会社で、自動車修理サービス業を運営するユーロマスター社は、ドイツのビブローグ・ネットワーク社を3億ユーロ(390億円)で買収、1850のサービス工場を持つ欧州最大のネットワークが誕生した。

この買収の背景には、今月より発効した、自動車販売・修理に関するEUの新しい政策と、それをテコに販売網を拡大しようとするミシュランの野望がある。

EUの新政策は、自動車メーカーのディーラーに対する影響力を弱め、消費者のメリットを向上させるのがねらいだが、同時に、メーカーの修理サービスに対する影響力を弱め、修理サービスの利便性向上もめざしている。

今月より、自動車メーカーは、一定の水準に達している修理工場から要求があれば、すべて正規工場として認めなければならない。また、修理サービス会社は、部品を自動車メーカー経由ではなく、部品メーカーから直接購入することができる。つまり、修理サービス側の独立性が高まるわけで、これを機に、ミシュランは独自の修理サービス・ネットワークの確立を急いでいるのだ。
《》

編集部おすすめのニュース

特集