ロードスター開発者への10の質問に関するニュースまとめ一覧

【ロードスター開発者への10の質問】Q10.ライバルは? そして今後のバリエーション展開はあるのか? 画像
自動車 ニューモデル

【ロードスター開発者への10の質問】Q10.ライバルは? そして今後のバリエーション展開はあるのか?

原点回帰を謳い開発したロードスター…とはいえ、開発の参考にしたライバル車などはないのか? 車格が違うとはいえ、『コペン』や『S660』など他社からライトウェイトオープンが発売されたが、それらどう捉えているか。

【ロードスター開発者への10の質問】Q9.現代のスポーツカーとして向上させた使い勝手とは? 画像
自動車 ニューモデル

【ロードスター開発者への10の質問】Q9.現代のスポーツカーとして向上させた使い勝手とは?

新型『ロードスター』は、デビューから25年を経て、使い勝手や利便性も兼ね備えた最新のスポーツカーとして進化を遂げている。

【ロードスター開発者への10の質問】Q8.ライトウェイトスポーツにふさわしいパッケージングとは? 画像
自動車 ニューモデル

【ロードスター開発者への10の質問】Q8.ライトウェイトスポーツにふさわしいパッケージングとは?

ダウンサイジングをはかり、「感」を追求した新型『ロードスター』。そのパッケージング開発はどのような哲学に基づき、どのような技術を駆使して進められたのだろうか。

【ロードスター開発者への10の質問】Q7. 3つのグレードと AT or MT、どれを選べばいいのか? 画像
自動車 ニューモデル

【ロードスター開発者への10の質問】Q7. 3つのグレードと AT or MT、どれを選べばいいのか?

新型『ロードスター』には3つのグレードと2種類のトランスミッションが用意される。249万4800円のスターティングプライスを持つ“S”のみ6MT仕様なので全部で5つのグレード構成となる。

【ロードスター開発者への10の質問】Q6.ロードスターのトランスミッション開発における必須条件は? 画像
自動車 ニューモデル

【ロードスター開発者への10の質問】Q6.ロードスターのトランスミッション開発における必須条件は?

新型『ロードスター』の心臓部である「SKYACTIV-G 1.5」に組み合わされるトランスミッションは6速のSKYACTIV-MTと6速AT。

【ロードスター開発者への10の質問】Q5.燃費性能と走行性能はどう両立させたのか? 画像
自動車 ニューモデル

【ロードスター開発者への10の質問】Q5.燃費性能と走行性能はどう両立させたのか?

新型『ロードスター』の心臓部には、「SKYACTIV-G 1.5」が搭載される。スポーツカーという性格上「エンジンを回して楽しむクルマ」における燃費性能は走行性能とどう両立させたのか。

【ロードスター開発者への10の質問】Q4.ロードスターのエンジン開発における必須条件とは? 画像
自動車 ニューモデル

【ロードスター開発者への10の質問】Q4.ロードスターのエンジン開発における必須条件とは?

新型『ロードスター』の心臓部には、「SKYACTIV-G 1.5」が搭載される。歴史あるロードスターというスポーツモデルに新エンジンが組み合わされたことで、どのように進化したのか。

【ロードスター開発者への10の質問】Q3.人馬一体はどう進化したのか? 画像
自動車 ニューモデル

【ロードスター開発者への10の質問】Q3.人馬一体はどう進化したのか?

『CX-5』から始まったいわゆる「第6世代」と呼ばれる新しいマツダのモデル群。その中でも『ロードスター』は同社が提唱する「人馬一体」を最も体現したクルマと言えるはずだ。

【ロードスター開発者への10の質問】Q2.100kgを超える軽量化は開発の絶対条件だったのか? 画像
自動車 ニューモデル

【ロードスター開発者への10の質問】Q2.100kgを超える軽量化は開発の絶対条件だったのか?

ロードスターは、Sグレードモデルで100kg以上の軽量化をはかり、初代(NA)にせまる車重を実現した。なぜその軽量化が必要だったのか。また、その数値は開発当初から掲げられていた絶対条件だったのか? ここでも“価値”というキーワードは外すことができないようだ。

【ロードスター開発者への10の質問】Q1. ロードスター開発において何を優先したか? 画像
自動車 ニューモデル

【ロードスター開発者への10の質問】Q1. ロードスター開発において何を優先したか?

マツダの気合と執念が結実したと言っても過言ではないロードスター。今回、開発主査である山本修弘氏を筆頭とした“5人の侍”にその魅力と素朴な疑問を「10の質問」として投げかけてみた。

    Page 1 of 1