2016年11月の防衛省・自衛隊に関するニュースまとめ一覧

岐阜基地航空祭、サプライズは次期輸送機「XC-2」の試験フライト 画像
航空

岐阜基地航空祭、サプライズは次期輸送機「XC-2」の試験フライト

10月30日に開催された岐阜基地航空祭で「サプライズ」として実施されたのは、同基地に所属する次期輸送機「XC-2」のフライトだ。まだ展示飛行に投入することはできないため、所定の飛行試験を航空祭当日に実施することで展示飛行の代わりとしている。

航空自衛隊、イギリス空軍との演習「ガーディアン・ノース16」を初めて実施 画像
航空

航空自衛隊、イギリス空軍との演習「ガーディアン・ノース16」を初めて実施

航空自衛隊は10月22日から11月5日までの間、三沢基地(青森県三沢市)を拠点に、イギリス空軍(RAF)との合同演習「ガーディアン・ノース16」を実施した。イギリス空軍の「ユーロファイター・タイフーン」戦闘機が初めて日本を訪れている。

防衛省、木更津駐屯地でのMV-22オスプレイ騒音データを公表 画像
航空

防衛省、木更津駐屯地でのMV-22オスプレイ騒音データを公表

防衛省は8日、10月下旬に陸上自衛隊・木更津駐屯地(千葉県木更津市)で実施した「MV-22オスプレイ」を使用した騒音測定データを公表した。離着陸に使用する場周経路を使用する場合、騒音レベルは既存の大型ヘリコプターと大差ない数値となった。

入間基地航空祭、今年は天気予報の影響で出足が鈍る? 画像
航空

入間基地航空祭、今年は天気予報の影響で出足が鈍る?

航空自衛隊・入間基地(埼玉県狭山市)は3日、秋の恒例行事となっている「入間基地航空祭」を開催した。例年は20万人以上が訪れるものの、今年は前日まで雨予報だったことなどから観客の出足が若干鈍り、ここ数年では最も少ない13万人の来場者となった。

    Page 1 of 1